肌対策

国産プラセンタ

完全な国産のプラセンタはたくさんあるといってもいいですが、このエキスの原料になるプラセンタまで国内産なのは、やはり一番はサラブレットなどを多く管理した馬プラセンタではないでしょうか。

人間の胎盤はある意味では完全に医薬品ですので、この際は除外した場合です。

豚タイプの場合は国産のSP豚は割合が少なく、デンマークの酪農畜産に対する取り組みはとても水準が高いためか、豚プラセンタに使われるのが多いのです。

羊タイプはそもそも日本では酪農が低く、ニュージーランドの羊のものが主な原料となっています。

馬タイプは国内生産率の高く、サラブレッドとしてきちんと管理されているのが大きいといってもいいでしょう。
ちなみに国内で馬プラセンタ含有量1位は「キティ・デ・プラセンタ」で、配合されているのは100%馬のみで余計なものは一切入っていません。

▼動物性のプラセンタについてもっと詳しくはこちら


何故馬プラセンタは含有量が高いのかといえば、馬は1馬で産むのは1馬の仔馬です。
つまりその1馬分の胎盤がしっかりとしているのです。
一般的に使われることの多い豚の胎盤は10頭平均を生むためか、3kgほどの胎盤なのに対し、馬は7kgあり、しかもひとつの臓器のようにしっかりとしたものが取れます。

また豚肉は生では食べれませんが、馬の肉は馬刺しとして食べられるほどに管理されていることも安心できる要素のひとつといえます。
プラセンタの成分において多い含有量を誇るのはアミノ酸です。
特に馬のものは豚タイプの300倍とも言われています。

プラセンタというのは胎盤という生まれたばかりの若々しい成分を、エキスに変えることによって体内に摂りこみ、
アンチエイジングは補うことよりも体内で作り出すことが大切で、それを可能にするのがプラセンタなのです。

肌には勿論、精神的な落ち着きなどと幅広く活躍するプラセンタを国内産の安心できる商品で試してみてはいかがでしょうか。
こちらではプラセンタの中でもとくに濃度が高い高濃度プラセンタが紹介されています。
これは一度試してみる価値ありそうですね。

▼効果的な摂取時間はこちら

Menu